早めに診断を

皮膚科の病気は他の科の病気に比べて初診が遅れがちです。皮膚の荒れやかゆみなどの症状は差し当たって様子見でもさほど生活に支障がない場合が多いからです。けれども、どんな人でも経験があるように、皮膚のトラブルは結局、薬による治療が必要になる場合がほとんどです。どのみち治療しなくてはならないのならば、早めに薬を塗った方がよいともいえます。薬局で薬を買ってくるのもひとつの手ですが、皮膚科ならば病名を告げてくれて、原因も特定可能ならば教えてくれるので、再発の可能性が下がります。「こんな軽い症状で受診して良いのかな」と思う必要はありません。皮膚の荒れが軽度なうちに薬を塗り始めることで、薬の浸透が早く、治りやすくなります。

皮膚科を受診する前には自分の症状について簡単にまとめておきましょう。皮膚科に限ったことではありませんが、「どんな症状に一番困っているのか」「いつ頃から症状が出始めたのか」「以前にこの症状が出たことはあるか」等を知らせると医師の診察の助けになります。 皮膚科を受診するときの一工夫として、ゆったりした服を着ていくということが挙げられます。頭や手足など衣服で隠れていない部分の診察なら服装は何でも構いませんが、二の腕や太ももなどの場合、体にフィットした服だと着脱の手間がかかってしまうからです。 皮膚の疾患には水虫やとびひなど伝染性のものも少なくありません。家族で似た症状が出ているなら一緒に受診すると正しい診断がつきやすく、治療もスムーズになります。